【和歌山従業員射殺事件】溝畑泰秀容疑者(45)アパートに立てこもり自分の腹を撃ち現行犯逮捕、その後死亡

溝畑容疑者は逃走中、追跡する警察車両に発砲

以前の記事の続報です。
>>【和歌山従業員射殺事件】和歌山県警が溝畑泰秀容疑者(45)の画像を公開、全国に指名手配

投降を呼び掛けていたところ、いきなり自分の腹を撃った

【和歌山従業員射殺事件】溝畑泰秀容疑者(45)アパートに立てこもったが自分の腹を撃ち現行犯逮捕

【和歌山従業員射殺事件】溝畑泰秀容疑者(45)アパートに立てこもったが自分の腹を撃ち現行犯逮捕

 和歌山市の建設会社「和大(わだい)興業」で男性従業員4人が死傷した射殺事件で、和歌山県警和歌山西署捜査本部は31日午後6時40分ごろ、市内のアパートに拳銃を持って立てこもっていた元従業員の溝畑泰秀容疑者(45)の身柄を確保し、銃刀法違反(拳銃所持)の疑いで現行犯逮捕した。

 溝畑容疑者は現場で自分の腹を撃っており、市内の病院に搬送されたが、午後8時50分ごろ、死亡が確認された。

 溝畑容疑者は逃走中、追跡する警察車両に発砲したり、住人のいるアパートに立てこもって威嚇射撃を繰り返したりし、逃走は事件発生から約58時間に及んだ。

 夕暮れが迫った午後6時半過ぎ、動きがなく静かだった住宅街に「パン」という銃声が響いた。

 警察官は、規制線の外で待機していた救急車1台を慌ててアパートまで誘導した。

 溝畑容疑者が立てこもっていたのは同市塩屋1の同社そばにある木造2階建てのアパートで、捜査員が投降を呼び掛けていたところ、いきなり自分の腹を撃ったという。

 溝畑容疑者は31日午前1時過ぎから、拳銃2丁を手に2階の外廊下に立てこもり、建築用足場に移ったり洗濯機や椅子で廊下にバリケードを作ったりして、警察の動きを警戒していた。

 投降は1階から呼び掛け、溝畑容疑者は会話に応じる一方、散発的に床に向けて2発の弾を発射するなどして威嚇していた。

 午後になると動きがなく膠着(こうちゃく)状態となり、捜査本部によると、溝畑容疑者は疲れた様子で階段に座ることが増えた。

 カバンに入れた約200万円と手紙を、和大興業の社長である母親に渡すよう要求していたという。現場では大阪府警の特殊部隊も待機した。

 アパートには11部屋があり、捜査本部は立てこもり直後から入居者にドアの施錠や外出禁止を指示。

 当初は住人3人が残されていたが、自力で脱出したり警察に救出されたりした。

 また、住宅街の一角を規制線で封鎖し、住民らの立ち入りを制限していた。

 溝畑容疑者は事件後、逃走車両を同市のJR和歌山駅付近に乗り捨てて行方をくらませていたが、30日午後9時10分ごろ、会社近くの路上にいるとの110番通報があった。

 県警はパトカーなどで追跡したが、溝畑容疑者が4発を発砲して車の窓ガラスが割れるなどし、姿を見失った。

 31日午前1時過ぎに再び発見し、アパートに逃げ込んだ溝畑容疑者の説得を続けていた。

 事件は29日午前8時50分ごろ、和大興業会議室で発生。

 溝畑容疑者が発砲して石山純副(じゅんすけ)さん(45)を死亡させ、幸前啓喜(こうぜんはるよし)さん(44)を意識不明の重体に、他の男性2人にも重傷を負わせたとされる。

(毎日新聞 2016年8月31日【最上和喜、井川加菜美、倉沢仁志】)

以前の記事の続報です。
>>【和歌山従業員射殺事件】和歌山県警が溝畑泰秀容疑者(45)の画像を公開、全国に指名手配

溝畑容疑者が立てこもっていたのは木造2階建てのアパートで、捜査員が投降を呼び掛けていたところ、いきなり自分の腹を撃ったということですが、怖い事件ですね・・・。周辺の住民の方は本当に大変だったのではないでしょうか。

今後の詳しい捜査による事件の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

 

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ