【和歌山従業員射殺事件】和歌山県警が溝畑泰秀容疑者(45)の画像を公開、全国に指名手配

覚せい剤取締法違反罪で起訴、保釈中

この記事の続報あります。
>>【和歌山従業員射殺事件】溝畑泰秀容疑者(45)アパートに立てこもり自分の腹を撃ち現行犯逮捕、その後死亡

実刑判決が確定し同日に収監される予定だった

溝畑泰秀容疑者(和歌山県警提供)

溝畑泰秀容疑者(和歌山県警提供)

 ◇和歌山県警が画像を公開、全国に指名手配

 和歌山市の建設会社「和大(わだい)興業」で男性従業員4人が死傷した射殺事件で、和歌山県警和歌山西署捜査本部は29日夜、殺人と殺人未遂の容疑で、社長の次男で元従業員の溝畑泰秀容疑者(45)=同市塩屋1=の逮捕状を取った。

 溝畑容疑者は覚せい剤取締法違反罪で起訴、保釈中だったが、実刑判決が確定し同日に収監される予定だった。

 捜査本部は、収監される日に同社を訪れた背景などを調べる。

 同社と溝畑容疑者の関係については、「約2年前に会社の仕事を外された」との従業員関係者の証言がある一方、「(溝畑容疑者が)金を握っていたが、社内でもめていたようだ」と話す関係者もいる。

 溝畑容疑者と現在の社員らの間に何らかのトラブルがあり、収監が迫ったことで強硬な手段に訴えた可能性もある。

 司法解剖の結果、射殺事件で死亡した石山純副さん(45)は胸と腹部を銃弾が貫通し、死因は出血性ショックと判明した。

 意識不明の重体に陥っている幸前啓喜さん(44)や重傷の2人も、2カ所以上負傷していた。

 現場にあった薬きょうや弾から、自動式拳銃が使われたとみられている。

 溝畑容疑者は実弾が残った拳銃を持ったまま逃走している可能性があり、捜査本部は溝畑容疑者の顔写真や事件直後に会社近くの防犯カメラに映った画像を公開し、全国に指名手配して行方を追っている。

(毎日新聞 2016年8月30日【最上和喜】)

事件の第一報では…

 29日午前8時50分ごろ、和歌山市塩屋1の建設会社「和大興業」(溝畑順子社長)で「銃声のような音を聞いた」と従業員から110番通報があった。

 和歌山県警和歌山西署員が駆けつけたところ、40代の男性従業員4人が腹部などを撃たれており、救急搬送された。

 石山純副(じゅんすけ)さん(45)が死亡し、残る3人は意識はあるという。

 現場から男が逃走しており、県警はこの男が拳銃を発砲したとみて県内全域に緊急配備を敷き、殺人、殺人未遂容疑で行方を追っている。県警は同署に捜査本部を設置する方針。

 県警によると、逃走したのは元従業員で経営者の親族の男(45)とみられる。撃たれた従業員は「朝から会社で(男と)話し合いをしていたところ撃たれた」「カバンから拳銃を出して撃った」などと話しているという。

 男は会社の建物内で、銃弾数発を発射したとみられる。黒っぽい服を着ていたという。

 警察関係者によると、暴力団抗争との関係は確認されていないという。

 和大興業は1979年設立で、民間信用調査会社によると、和歌山県や和歌山市、民間の建設会社などを相手に、土木建築業などを展開している。

 2015年10月期の決算では、年間の売上高は約7億円。

 現場はJR宮前駅の南西約1キロの住宅街。近くに病院や幼稚園などがある。【最上和喜、稲生陽、阿部弘賢、倉沢仁志】

◇犠牲者が出た最近の主な発砲事件

2010年1月   大阪府羽曳野市の居酒屋で男女3人が男にライフルで撃たれ死亡。男は店の外で発砲し自殺

 13年12月   京都市山科区で「餃子の王将」を展開する王将フードサービス社長の大東隆行さん(当時72歳)が撃たれ死亡

   同    北九州市で市漁協組合長が撃たれ死亡

 15年10月   長野県飯田市で神戸山口組系組織に加入しようとしていたとみられる男性が撃たれる。その後死亡し、山口組系幹部を逮捕

 16年5月31日 岡山市南区の駐車場で神戸山口組系幹部が射殺される。山口組系組員ら3人を逮捕

(毎日新聞 2016年8月29日)

この記事の続報あります。
>>【和歌山従業員射殺事件】溝畑泰秀容疑者(45)アパートに立てこもり自分の腹を撃ち現行犯逮捕、その後死亡

溝畑容疑者は実弾が残った拳銃を持ったまま逃走している可能性があるということですので、怖いですね・・・。今後の詳しい捜査による事件の解明が待たれます。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ