パンツ自体が欲しかったのではないから強盗罪に対して無罪を主張した清水香津吉被告(49)

女性の下着を脱がせてわいせつ行為をした

「パンツ」という言葉が出たのは実に40回以上

taiho_img

 

 「女性にわいせつ行為をした際、パンツを奪ったが、パンツ自体が欲しかったわけではない。だから強盗罪は成立しない」。

 女性の下着を脱がせてわいせつ行為をしたなどとして、2件の強制わいせつや強盗などの罪に問われた静岡県の元トラック運転手、清水香津吉(かづよし)被告(49)は、東京地裁での裁判員裁判でこう述べ、下着を奪ったとする強盗罪などについては無罪を主張した。

 下着が焦点になったため、法廷では「パンツ」という言葉が飛び交い、傍聴席からは苦笑が漏れる場面も。東京地裁は清水被告側の主張にどのような判断を下したのか-。

 起訴状などによると、清水被告は平成25年6月、東京都内の路上で、20代の女性を押し倒してキスをした上、「パンツをくれれば何もしない」と言いながら、下着(時価500円相当)を引っ張って奪った上、自身の局部を女性の顔に押しつけた。

 また26年6月、都内の路上で、当時18歳の女性に「2万円あげるからパンツちょうだい」と言った上で、女性の口をふさぎ、下着(時価1000円相当)を奪った上、女性の胸を触るなどした。女性は軽傷を負ったとされる。

 清水被告は昨年7月に警視庁に逮捕され、その後、強制わいせつや強盗、強制わいせつ致傷、強盗傷害の罪で起訴された。

 清水被告側は強制わいせつと強制わいせつ致傷を認めたが、下着を奪った点については「結果的にパンツを奪って持ち去ったが、わいせつ行為に夢中で、パンツを自分のポケットに入れた記憶はない。また、パンツを持ち去ったのは、パンツを脱がされたまま放置された女性を想像して性的興奮を得るためで、パンツはすぐ捨てるつもりだった。このようにパンツを自分のものにする意思がなかった以上、強盗罪は成立しない」と主張した。

 なぜ被告側はこうした主張をしたのか-。強盗罪や窃盗罪が成立するには、“盗もうとした”という故意だけでは不十分で、“自分のものにしようとした”という「不法領得の意思」の両方が必要とされる。

 裁判官がこうした不法領得の意思を認めない場合、強盗罪は成立しない。被告側は強盗罪を成立させず、量刑を軽くする意図があったとみられる。

 9月30日の判決で、小森田恵樹裁判長は(1)犯行時に清水被告が「パンツくれれば何もしない」「2万円あげるからパンツちょうだい」などと述べた(2)パンツ自体が性的興味の対象になりうる-と指摘し、「被告には女性のパンツに興味や執着があったため、パンツ自体を欲し、持ち去ったことが強く推認される」と述べた。

 さらに「犯行時の心情などは比較的詳細に述べているのに、パンツをポケットに入れたことだけ覚えていないのは不自然だ」「奪ったパンツはすぐに捨てるつもりだったというが、パンツを持っていれば犯人として疑われる恐れがあったのに、途中で捨てず、自分のトラックまで持ち帰ったのは不可解だ」との判断を述べ、下着を盗む故意に加え、不法領得の意思もあったと認定。被告側の主張を退け、清水被告に懲役3年6月(求刑懲役5年)の実刑判決を言い渡した。

 ちなみに法廷で読み上げられた判決要旨のうち、「パンツ」という言葉が出たのは実に40回以上。おごそかな雰囲気の法廷で、真顔の裁判官が何度も「パンツ」と繰り返す姿に、傍聴席からは忍び笑いも漏れていた。

(産経新聞 2016年10月9日

「パンツ」という言葉が出たのは実に40回以上。おごそかな雰囲気の法廷で、真顔の裁判官が何度も「パンツ」と繰り返す姿に、傍聴席からは忍び笑いも漏れていたとのことで、こういった真面目な状況で繰り返されると可笑しくなるのかもしれないですね・・・。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ