京浜運河でスーツケースに入った女性の遺体は中国籍で楊梅(よう・ばい)(34)さんと判明(東京都品川区)

入国管理局に登録された指紋で判明

技能実習生として入国、京都府内の自動車部品製造会社に勤務

京浜運河でスーツケースに入った女性の遺体は中国籍で楊梅(よう・ばい)(34)さんと判明(東京都品川区)

京浜運河でスーツケースに入った女性の遺体は中国籍で楊梅(よう・ばい)(34)さんと判明(東京都品川区)

 東京都品川区の京浜運河でスーツケースに入った女性の遺体が見つかった事件で、警視庁捜査1課は7日、遺体は中国籍で住所、職業がいずれも不詳の楊梅(よう・ばい)さん(34)と発表した。

 入国管理局に登録された指紋で判明した。同課は死亡した経緯などを調べる。

 同課によると、楊さんは2013年9月に技能実習生として入国し、京都府内の自動車部品製造会社に勤務していた。

 勤務先が14年3月、「会社の寮からいなくなった」と京都府警に届け出た。

 遺体が入ったスーツケースは6月27日、品川区東品川2の京浜運河で見つかった。司法解剖で死因は特定できなかったが、死亡から1週間ほど経過していた。目立った外傷はなかった。

 スーツケース内には重りとみられる大きな石も入っており、同課は遺棄した人物が発覚を免れるために入れたとみている。

(毎日新聞 2016年7月7日【神保圭作、深津誠、春増翔太】)

この死体遺棄事件の最初の報道では、スーツケースが浮いているのを見た目撃者がかなりいるようでした。

 27日午後1時半ごろ、東京都品川区東品川2の京浜運河に黒いスーツケースが浮かんでいるのを船に乗っていた男性が発見し、警視庁東京湾岸署に通報し た。

 署員が警備艇でスーツケースを回収し、中から女性1人の遺体を見つけた。同署が死体遺棄事件として捜査している。

 同署によると、女性は30〜40代ぐらい。ピンクのキャミソールと水色のハーフパンツを着用し、体を丸めるような格好で入っていた。

 遺体は腐敗しておらず、目立った外傷はないという。スーツケースは幅約50センチ、奥行き約30センチ、高さ約70センチ。

 現場は東京モノレール天王洲アイル駅から東に約100メートルの運河。発見当時、現場付近を船で航行していた50代の男性会社員は「桟橋から20メート ルぐらい離れたところにスーツケースが浮いていた。遺体が入っていると聞いて驚いた」と話していた。

(毎日新聞 2016年6月27日【神保圭作、深津誠、春増翔太】)

技能実習生として入国し、京都府内の自動車部品製造会社に勤務、2014年3月に「会社の寮からいなくなった」と京都府警に届け出があったとのことですが、それから2年間はどうしていたのでしょうか?謎の部分が多いですね・・・。

防犯カメラ【243万画素/137万画素】

センサーライト 屋外 ソーラー LED