東京都福生市顔はぎ変死事件(その3)

死因は睡眠薬の大量摂取か 顔の傷はペット?

警視庁、自殺も視野に捜査

東京都福生市殺人事件現場画像(出典:NNNニュース映像)

東京都福生市殺人事件現場画像(出典:NNNニュース映像)

 東京都福生市のマンションの一室で11月、住人の土田芳さん(38)が死亡しているのが見つかった事件で、土田さんの死因が、大量の睡眠薬の摂取による中毒死とみられることが11日、捜査関係者への取材で分かった。

 土田さんは顔の皮膚がはがれていたが、飼っていた犬や猫がかみつくなどしてできた可能性があることも判明。警視庁福生署は土田さんが自殺した可能性も視野に、事件性の有無を慎重に調べている。

 同署によると、土田さんは11 月12日午後5時半ごろ、布団に包まれた状態で見つかった。

 頭からポリ袋をかぶっており、顔以外に目立った外傷はなかった。司法解剖で死因は分からず、さ らに詳細に調べたところ、睡眠薬の摂取量が致死量に達していたとみられることが分かったという。

 土田さんは手術を受けて性別を男性に転換。睡眠薬などを日常的に摂取していたほか、遺体発見当時、室内に土田さんが飲酒をしたような形跡もあった。

 顔の傷はペットの犬や猫がかみついたり、ひっかいたりしてできた疑いが強く、警視庁はペットの歯型や爪型などが傷の形状と合致するか調べる。ポリ袋は土田さんが自らかぶった可能性があるという。

(出典:2015年12月12日 産経ニュース

以前の記事の続報です。
>>東京都福生市顔はぎ変死事件(その1)
>>東京都福生市顔はぎ変死事件(その2)
この記事の続報あります。
>>東京都福生市顔はぎ変死事件(その4)自殺の可能性高く顔の皮膚は犬が食べたか

 東京都福生市の事件、その2で薬物による自殺の可能性を示唆してはいましたが、大量の睡眠薬の摂取に よる中毒死とのことですので、一連の事件のタイトルを、殺人事件としていましたが、変死事件に訂正いたします。あらためて、被害者の方のご冥福をお祈りいたします。

 最後に、追伸として、薬物乱用による使用前、使用後の画像を載せておきます。薬物乱用の恐ろしさがわかる画像だと思いますので、ご興味のある方はクリックして拡大して見てみてください。薬物乱用は絶対にオススメしません。

PCP 使用前→使用後

PCP 使用前→使用後

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ