【北海道砂川市5人死傷事故】谷越隆司被告(28)古味竜一被告(28)懲役23年の判決、全国でも異例の「危険運転の共謀」が成立

谷越被告側は「事故は過失」と反論していた。

以前の記事の続報です。
>>【北海道砂川市5人死傷事故】永桶弘一さん一家で唯一生き残った次女(孫)の光さんに家族の死を告げた

「互いの行為を助長、促進し合っている」と危険運転の共謀が成立

【北海道砂川市5人死傷事故】谷越隆司被告(28)古味竜一被告(28)懲役23年の判決、全国でも異例の「危険運転の共謀」が成立

【北海道砂川市5人死傷事故】谷越隆司被告(28)古味竜一被告(28)懲役23年の判決、全国でも異例の「危険運転の共謀」が成立

 

 北海道砂川市で昨年6月、車2台で暴走し、歌志内市の会社員、永桶弘一さん=当時(44)=ら一家5人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)罪などに問われた建設業、谷越隆司被告(28)と無職、古味竜一被告(28)の裁判員裁判で、札幌地裁は10日、両被告に求刑通り懲役23年の判決を言い渡した。

 判決理由で田尻克已裁判長は、両被告に全国でも異例の「危険運転の共謀」が成立すると認定した。

 検察側は公判で両被告が現場交差点の赤信号を故意に無視したとし、2台で競い合っていたことから「互いの行為を助長、促進し合っている」として危険運転の共謀が成立すると主張。

 両被告の弁護側は共謀や赤信号を故意に無視したことを否定。

 飲酒運転で永桶さんの車に衝突したとされる谷越被告側は「事故は過失」と反論していた。

(産経ニュース 2016年11月10日)

以前の記事の続報です。
>>【北海道砂川市5人死傷事故】永桶弘一さん一家で唯一生き残った次女(孫)の光さんに家族の死を告げた

北海道砂川市5人死傷事故の谷越隆司被告と古味竜一被告とは?

事故を起こした、谷越隆司被告と、古味竜一被告は、飲酒運転で暴走運転をするのは初めてではなく、日常的だったという情報があります。

この日は、両被告は、居酒屋とスナックで19時(谷越隆司被告)20時半(古味竜一被告)から22時頃まで酒を飲んでいたようです。

飲酒後、いつものように二人は公道をレース場のようにして競い合いながら100キロ以上の速度で暴走し、国道12号を滝川方向に走っていました。この道はやや上り坂だったため、両被告がさらに加速をさせたのではないかとみられています。防犯カメラの解析では150キロ出ていたのでないかとも報道されていました。

そして、事故のあった交差点が赤信号であるのにもかかわらず突っ込み、左から青信号で進入してきた永桶弘一さん一家の軽ワゴン車に追突したのです。この衝突の衝撃で軽ワゴン車は回転しながら道路中央の街路灯にさらに衝突し、横転しながら停止しました。

最初は、谷越隆司被告の車が追突しました。そしてこの事故で車外に放り出された長男を古味竜一被告の車が轢き、約1・5キロ引きずりながら逃走しました。

これらの事実に対し、当初、谷越隆司被告は、交差点の信号は青だった、100キロ出していないと言っていました。しかし、防犯カメラの解析や目撃情報でそれらはウソであることが判明しました。

また、谷越隆司被告は、一人親方で羽振りが良く、事故当時はアルマーニのスーツで30万円の財布を持ち、友達にもおごっていたようです。事故に遭った車もBMWでした。しかし事故により炎上してしまいました。

古味竜一被告は、そんな谷越隆司被告とは小さいころから家族のような付き合いで、古味被告は兄のように谷越隆司被告を慕っていたようです。古味被告の車はシボレーで、車検もなく、自賠責保険にも加入していませんでした。この事故の前にも事故をしており、「これまで何度も飲酒運転で警察に追いかけられたが逃げてきた」と吹聴していたようです。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ