芸能プロダクション:アポロ音楽事務所の社長・小町文仁容疑者、架空の投資話の詐欺容疑で再逮捕

現金440万円をだまし取った詐欺の疑い

「1年後に、400万円の利益が出る」と、うその投資話

芸能プロダクション:アポロ音楽事務所の社長・小町文仁容疑者、架空の投資話の詐欺容疑で再逮捕

芸能プロダクション:アポロ音楽事務所の社長・小町文仁容疑者、架空の投資話の詐欺容疑で再逮捕

 架空の投資話で、女性から現金をだまし取った疑いで逮捕された芸能プロダクション社長が、別の女性に対する詐欺容疑で再逮捕された。

 アポロ音楽事務所の社長・小町文仁容疑者(56)は、飲食店経営者の女性(40代)に、「1年後に、400万円の利益が出る」などと、うその投資話を持ちかけ、現金440万円をだまし取った詐欺の疑いが持たれている。

 小町容疑者は5月、同じ手口で、別の女性から300万円をだまし取った疑いで逮捕されていて、その際の報道を見た飲食店経営者の女性が、被害に気づき、届け出たため、事件が発覚したという。

(フジテレビ系(FNN)2016年 6月8日)

アポロ音楽事務所の社長・小町文仁容疑者とは?

「海外の銀行に現金を預けるともうかる」などと嘘の投資話を持ち掛け、知人女性から300万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で2016年5月18日に逮捕されていました。

LINEを使って誘っていたようですが、その内容が、「大きく飛躍できるチャンスだから、あなたにだけこっそり教えちゃいます。優遇された投資口座を特別につくれる。30万円以上はお小遣いをもらえるようにする」などという架空の投資話でした。

また、小町容疑者は、「音楽事務所の社長は表の顔で、為替運用が本業だ」などと吹聴していたようです。

調べてみましたら、このアポロ音楽事務所で取り扱っているアーティストは1人しか見当たらず、所属もしていないようでしたので、音楽事務所自体も架空の可能性があるようでした。

小町文仁容疑者は、公益財団法人花と緑の農芸財団 理事長?

小町文仁 komachi fumihito

■公益財団法人花と緑の農芸財団 理事長
■株式会社アポロ音楽事務所 代表取締役
■NPO法人日本ワンディッシュエイド協会 理事長
■株式会社左近クリエイション 取締役会長
■ナスクインターナショナル株式会社 取締役会長

公益財団法人花と緑の農芸財団(http://www.hananozaidan.or.jp/kokoro_k68.html)より引用

公益財団法人花と緑の農芸財団のホームページには、小町文仁容疑者は、理事長として、このように紹介されていました。それにしてもたくさんの会社の役員を歴任されていますね・・・。

調べてみましたら、ワンディッシュエイド とは、陶磁器製食器をリサイクル・リユースする活動のようですね。

株式会社左近クリエイションは、実態がよくわかりませんが、左近さんの会社のようです。こども田植え体験というイベントを開催していました。

ナスクインターナショナル株式会社は、資本金9040万円という大きな会社で、セキュリティー機器の販売及びコンサルタント業務を行う会社のようでした。

不思議なのは、NPO法人日本ワンディッシュエイド協会と株式会社左近クリエイションとナスクインターナショナル株式会社の代表者は同じ女性でしたが、なぜか、この3つの会社のホームページ内に小町文仁容疑者の名前は出てきませんでした。

謎が多いですね。今後の捜査による真実の解明が待たれます。

お金で騙される人、騙されない人

騙されないための世界経済入門