【福岡県筑後市リサイクルショップ殺人事件】中尾知佐被告(47)懲役30年の判決

3人が死に追いやられた過程は陰惨で結果は重大

夫の中尾伸也被告の判決が出ました。
>>【福岡県筑後市リサイクルショップ殺人事件】夫の中尾伸也被告(49)懲役28年の判決、殺人罪は認めず

この事件の全貌をまとめた記事あります
>>【福岡県筑後市リサイクルショップ殺人事件】多くの行方不明者と中尾夫婦の暴行による支配

中尾伸也被告の裁判で、長女の証言などで事件の経緯が明らかになりました。
>>【福岡県筑後市リサイクルショップ殺人事件】両被告の長女の証言、ジャイアンがママ、スネ夫がパパ。

傷害致死罪3件について夫伸也被告との共謀関係を認める

【福岡県筑後市リサイクルショップ殺人事件】妻の裁判員裁判が始まり、無罪を主張

【福岡県筑後市リサイクルショップ殺人事件】妻の裁判員裁判が始まり、無罪を主張

 福岡県筑後市のリサイクル店元従業員ら3人に対する殺人や傷害致死などの罪に問われた経営者夫婦のうち、妻の中尾知佐被告(47)の裁判員裁判で、福岡地裁(平塚浩司裁判長)は24日、有期刑の上限となる懲役30年(求刑・無期懲役)の判決を言い渡した。 

 平塚裁判長は、元従業員男性(当時22歳)に対する殺人罪の成立を認めず、傷害致死罪と認定。その上で傷害致死罪3件について夫伸也被告(49)との共謀関係を認めて「幼児を含む3人が死に追いやられた過程は陰惨で結果は重大」と述べた。

 元従業員男性への殺人罪について、検察側は、別の同僚男性(同19歳)を両被告が暴行して死亡させた事件(時効成立)の口封じで殺害したと主張していた が、平塚裁判長は「事件後も一緒に商業施設に出かけるなど口封じと矛盾する行動があった。死亡させるための強い暴力は見当たらず、繰り返し苦痛を与えるこ とを意図していたと言える」などと殺意を否定した。

 一方、繰り返し加えた暴行で元従業員男性が死亡したことは認め、両被告の間に元従業員男性が不始末を起こせば暴行する「包括的な共謀関係」があったとし て傷害致死罪は成立するとした。

 知佐被告の義弟冷水(ひやみず)一也さん(同34歳)とその長男大斗ちゃん(同4歳)への傷害致死罪についても同様の共謀関係があったとして、死亡を招いた直接的な暴行をしていなくても、傷害致死罪の共同正犯は成立すると結論づけた。

 判決によると、知佐被告は伸也被告と共謀し、2004年6月ごろに元従業員男性を、06年9~10月ごろに冷水さんと大斗ちゃんをそれぞれ暴行し死亡させた。07~13年には知人のキャッシュカードを使って現金自動受払機(ATM)から現金計約53万円を盗んだ。

 伸也被告の裁判員裁判の初公判は27日に予定されている。

(毎日新聞 2016年6月24日【吉住遊、宗岡敬介】)

死亡を招いた直接的な暴行をしていなくても、傷害致死罪の共同正犯は成立すると結論づけたということで、有期刑の上限となる懲役30年の判決というのは個人的には妥当だとは思いますが、殺人罪にできないという事実は残念に思います。

防刃Tシャツ〔西陣YOROI〕250gと軽量

防刃ベスト ポリスマンタイプ(前後パネル入)

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ