【乳児白骨遺体事件】白土憲昭・勇気容疑者夫婦、複数回の引っ越しのたびに遺体を運び出していた(大阪府吹田市)

「お金に困り埋葬しなかった」

以前の記事の続報です。
>>長女を殴り逮捕の白土憲昭容疑者の部屋で 衣装ケースから乳児の遺体(大阪府吹田市)

「自分の子どもなので引っ越しするたびに連れて行きました」

【乳児白骨遺体事件】白土憲昭・勇気容疑者夫婦、複数回の引っ越しのたびに遺体を運び出していた(大阪府吹田市)

【乳児白骨遺体事件】白土憲昭・勇気容疑者夫婦、複数回の引っ越しのたびに遺体を運び出していた(大阪府吹田市)

 

【乳児白骨遺体事件】白土憲昭・勇気容疑者夫婦、複数回の引っ越しのたびに遺体を運び出していた(大阪府吹田市)

【乳児白骨遺体事件】白土憲昭・勇気容疑者夫婦、複数回の引っ越しのたびに遺体を運び出していた(大阪府吹田市)

 
 大阪府吹田市で白骨化した乳児の遺体が見つかった事件で、逮捕された夫婦は、複数回の引っ越しのたびに遺体を運び出していたことがわかった。

 15日朝に送検された白土憲昭容疑者(42)と妻の勇気容疑者(37)は、2012年に2人の子とみられる乳児が死亡したにもかかわらず、衣装ケースに入れるなどして、自宅アパートに遺棄していた疑いが持たれている。

 その後の取材で、2人は乳児が死亡した後、複数回引っ越しをしていて、そのたびに遺体を運び出していたことが新たにわかった。

 2人は容疑を認めていて、「お金に困り埋葬しなかった」「自分の子どもなので引っ越しするたびに連れて行きました」と話しているという。警察は、乳児が死亡した経緯についても詳しく調べている。

(日本テレビ系(NNN)2016年 5月15日)

お金に困り埋葬しなかったとのことですが、自分の子どもを埋葬できないほどお金に困っているというのは、どういう状況なのでしょう。最寄りの役所など行政機関に相談することはできなかったのでしょうか。それとも相談できない事情でもあったのでしょうか。

今後の捜査による真実の解明が待たれます。

「生存者」と呼ばれる子どもたち 児童虐待を生き抜いて

誕生日を知らない女の子 虐待ーーその後の子どもたち