【千葉県柏市女性死亡事件】同居の元夫、石井和樹被告(29)の裁判員裁判、求刑通り懲役15年の判決

「和樹被告は深く反省している。適正な量刑の判断を」

以前の記事の続報です。
>>【千葉県柏市女性死亡事件】元夫の妻に対する、異常なまでの執着心、ストーカーとの証言も

「被害者と引き離されたくないという動機は自己中心的で身勝手」

【千葉県柏市女性死亡事件】元夫の妻に対する、異常なまでの執着心、ストーカーとの証言も

【千葉県柏市女性死亡事件】元夫の妻に対する、異常なまでの執着心、ストーカーとの証言も

 千葉県柏市豊四季のアパートで5月、元妻でエステティシャン、石井彩香さん=当時(29)=の遺体が見つかった事件で、殺人罪などに問われた同居の元夫、石井和樹被告(29)の裁判員裁判の判決公判が22日、千葉地裁で開かれた。高橋康明裁判長は「被害者と引き離されたくないという動機は自己中心的で身勝手」として、求刑通り懲役15年を言い渡した。

 高橋裁判長は判決理由で、「口論が原因の突発的犯行で、強固な殺意がある」と指摘。さらに「被害者に全く落ち度はなく、被害者を殺すことは幼い子どもたちの母親を奪うこと。強い非難に値する」と指弾した。

 公判で弁護側は「和樹被告は深く反省している。適正な量刑の判断を」と主張していたが、高橋裁判長は「被害者や子どもに対して十分な理解がなく、反省の深まりがあるとは言えない」と断じた。

 黒いスーツ姿で出廷した和樹被告。判決が言い渡されると「はい」と落ち着いた様子で答え、裁判長らに深く一礼してから法廷を後にした。

 弁護側は控訴について「これから本人と相談して決めたい」とした。

 判決によると、和樹被告は5月10日午前1時ごろ、自宅で殺意を持って、同居していた石井さんをあおむけに倒して首を右手で体重を掛けて押さえ続け、頸部(けいぶ)圧迫により窒息死させたほか、14年1月、自宅近くに止まっていた自転車の前かごから、現金約7万円などの入った財布(時価計約2万円相当)を盗んだ。

(ちばとぴ!チャンネル 2016年11/23

以前の記事の続報です。
>>【千葉県柏市女性死亡事件】元夫の妻に対する、異常なまでの執着心、ストーカーとの証言も

高橋裁判長は「被害者や子どもに対して十分な理解がなく、反省の深まりがあるとは言えない」と断じたとのことですが、本当にその通りだと思います。今後は深く反省の日々を送ってほしいです・・・。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

防犯スプレー 携帯 護身 mace

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ビアンキ防犯スプレーポーチ