大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件(その2)

自室で女性とみられる遺体を切断し、放置

浴室や冷凍庫から頭蓋骨を含む複数の人骨や遺体の一部を発見

大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件

大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件

 自宅マンションで遺体を切断し室内に隠したとして、大阪府警は29日、自称イラストレーターの森島輝実(てるみ)容疑者(29)=大阪府門真市舟田町=を死体損壊と死体遺棄の疑いで逮捕した。

 捜査関係者によると、浴室や冷凍庫から頭蓋骨(ずがいこつ)を含む複数の人骨や遺体の一部が見つかった。

 逮捕容疑は今月下旬、マンション3階の自室で女性とみられる遺体を切断し、放置していたとされる。頭蓋骨や腰の骨が水を張った浴槽から見つかり、室内にはのこぎりがあった。

 府警によると、松山市に住む女性の父親が25日、門真署に「娘の友人が『24日夜から(娘と)連絡が取れない』と話している」と電話で相談して発覚。

 府内の金融機関の現金自動受払機(ATM)で25日午後、女性名義の口座から現金が引き出されたことが分かり、防犯カメラ映像などから森島容疑者の関与が浮かんだ。

 クリスマスイブの24日、森島容疑者は自宅で女性を含む男女数人とパーティーの開催を予定していたが、女性が行方不明になったため中止された。

 森島容疑者は逮捕前の任意の事情聴取に、「24日に女性と2人でパーティーの準備をしていたが、私が部屋を空けた際にいなくなった。現金は、女性と買い物中に『おろしておいて』と頼まれたので引き出した」と説明した。

 しかし、森島容疑者が物品の購入にこの現金を使っていたことが判明。府警は29日未明に自宅を家宅捜索し頭蓋骨などを発見した。

 捜査関係者によると、森島容疑者は約1カ月前まで、行方不明になっている知人女性が住む門真市内のシェアハウス(3階建て)で共同生活をしていた。

 知人女性は副管理人として、住人の家賃徴収や入退居の管理を任されていた。森島容疑者は11月に退去し、マンションで1人暮らしを始めたという。シェアハウスの関係者は「2人は仲が良かったと聞いている」と語る。

 一方、親族らによると、森島容疑者は幼い頃、中国地方で暮らし、今年8月に岡山から大阪へ転居した。スマートフォンのアプリなどに使われるキャラクターを、パソコンで制作する仕事をしていた。人なつっこく、最近も悩んでいるような様子はなかった。

 森島容疑者の親族の女性は「『正月もみんなで会えたらいいね』と話したばかりだった。何が起きたのか」と戸惑った様子だった。別の親族の男性は「約1週間前に『元気ですか』と電話をくれた。事件は信じられない」と語った。

(毎日新聞 12月30日)

大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件

大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件

 大阪府門真市のマンションの一室で29日、切断遺体が見つかった事件。府内に住む親族によると、森島容疑者は中国地方出身。

 「コンピューター関連の仕事に就くため大阪に出てきた」と話し、今月中旬に食事をした際には、「正月にみんなでまた集まりたいね」と、普段と変わらない様子を見せていた。

 現場マンションに入居する際に保証人になったという叔父(52)は「人なつっこく、トラブルを起こす性格とも思えない。突然逮捕され、とにかく驚いている」と言葉少なだった。

(産経新聞  12月30日)

シェアハウス わたしたちが他人と住む理由

プライバシー ベッドテント