大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件(その1)

死体損壊容疑などで自称イラストレーターの女を逮捕

「私の部屋には頭蓋骨があるが、今は話したくないです」

大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件

大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件

 自宅で切断されたとみられる遺体を隠していたとして、大阪府警門真署は29日、死体損壊と死体遺棄容疑で、同府門真市舟田町、自称イラストレーター、森島輝実容疑者(29)を逮捕した。

 「私の部屋には頭蓋骨があるが、今は話したくないです」などと供述している。

 遺体は24日ごろから行方不明になっている同市の職業不詳の女性(25)とみられ、府警が特定を急ぐ。

 逮捕容疑は今月下旬、同市のマンション3階の自宅で遺体を損壊し、遺棄したとしている。

 府警によると、森島容疑者の自宅からは人間のものとみられる複数の骨が見つかった。行方不明の女性と森島容疑者は知人といい、経緯を調べる。

(産経NEWS 12月29日)

知人の不明女性とシェアハウスで生活か

大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件  以前住んでいたシェアハウス

大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件 以前住んでいたシェアハウス

 大阪府門真市舟田町のマンションの一室で29日未明、成人の頭蓋骨などの切断された遺体が見つかった事件で、この部屋に住む自称イラストレーター、森島輝実(てるみ)容疑者(29)=死体損壊と死体遺棄の疑いで逮捕=が、被害者とみられる同市のアルバイト女性(25)と最近まで市内のシェアハウスで暮らしていたとみられることが分かった。

 大阪府警は遺体の身元確認を急ぐとともに同日、シェアハウスの現場検証を実施するなどした。

(産経新聞 12月29日)

遺体の一部が入れられていた冷凍庫は25日に新しく購入

大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件

大阪府門真市死体遺棄(頭蓋骨発見)事件

 大阪府門真市の集合住宅で遺体を切断したとして女が逮捕された事件で、遺体の一部が入れられていた冷凍庫は25日に新しく購入されたものであることがわかった。

 逮捕された自称イラストレーターの森島輝実容疑者(29)は、今月下旬、集合住宅の自分の部屋で遺体を切断するなどした疑い。

 遺体は、現在行方が分からなくなっている森島容疑者の知人女性(25)のものとみられていて、部屋の冷凍庫や水を張った浴槽から頭がい骨など複数の部位がバラバラの状態で見つかっているという。

 その後の捜査関係者への取材で、この遺体の一部が入っていた冷凍庫は、女性が行方不明であることが発覚した当日、女が自ら新たに購入したものであることがわかった。

 この知人女性を巡っては25日、女性の父親が行方不明届を提出しており、警察は、遺体を隠すために計画的に購入した可能性もあるとみて、30日午後から司法解剖を行い、調べる方針。

(NNN 12月30日)

シェアハウス わたしたちが他人と住む理由

プライバシー ベッドテント