【熊本地震】犠牲の東海大3人、大野睦さん脇志朋弥さん清田啓介さん「未来に希望を抱いて学んでいた」

アパートの部屋にいるときに地震に

南阿蘇村にある東海大学の阿蘇キャンパスに通っていた

【熊本地震】犠牲の東海大3人、大野睦さん脇志朋弥さん清田啓介さん「未来に希望を抱いて学んでいた」

【熊本地震】犠牲の東海大3人、大野睦さん脇志朋弥さん清田啓介さん「未来に希望を抱いて学んでいた」

 
3人は、南阿蘇村にある東海大学の阿蘇キャンパスに通っていて、住んでいたキャンパス近くにあるそれぞれのアパートの部屋にいるときに地震に遭いました。

大野睦さん(20)は、東海大学農学部バイオサイエンス学科の2年生で、大学のテニスサークルに所属していました。同じサークルに所属していた女子学生によ りますと、大野さんは、頭の回転が速く、明るい性格で周囲を楽しませるサークルのムードメーカー的な存在だったということです。

脇志朋弥 さん(21)は、東海大学の4年生で、大野さんと同じ農学部のバイオサイエンス学科に所属していました。研究室の同期の女子学生によりますと、脇さんは、 研究室の室長を務め、休日でも研究に励むほどまじめで優しい人柄だったということです。教員を目指していた脇さんは、この夏の教育実習を楽しみにしていた ということです。

清田啓介さん(18)は、東海大学の1年生でした。同じ東海大学の1年生で、高校も3年間同じクラスだったという女性に よりますと、動物好きの清田さんは、将来、動物園の飼育係になるのが夢で、この夢に向けて、農学部の応用動物科学科に、今月、入学したばかりだったという ことです。

今回の地震で、熊本県南阿蘇村にキャンパスがある東海大学農学部の学生3人が亡くなったことについて、東海大学の山田清志学長 は「深い悲しみを覚えると同時に、ご遺族の皆さまには、心から哀悼の意をささげます。
情熱にあふれ、未来に希望を抱いて学んでいた農学部の学生たちでし た」というコメントを出しました。

東海大学は、水や毛布などの支援物資を南阿蘇村にある阿蘇キャンパスに送るとともに、ほかの学生の安否確認を行っているということです。

(NHK NEWS WEB 2016年4月17日)

18歳、20歳、21歳という非常に若い方々が亡くなられたことはとても心が痛みます。まだまだこれからというときに若い命が絶たれるのは本当にお気の毒だと思います。特にご家族やお友達、親戚の方々のご心労は計り知れないでしょう。

この事故の場合も、14日夜の地震で避難していたところ、15日に荷物を取りに帰り、16日未明に被害に遭っているので、もし戻らなければ・・・と考えてしまいます。

亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ