【熊本地震】押し潰された1階で見つかった河添由実さん(28)まるで眠っているようだった

「体は温かかった。なのに脈が感じられなかった」

由実さんは1階で眠った。そこへ16日未明の激しい揺れが襲った

河添由実さん=河添敏明さん提供

河添由実さん=河添敏明さん提供

 ジャニーズのアイドルが大好きだった。熊本県益城町福原の河添由実さん(28)は16日午前、崩れた自宅から遺体で見つかった。「チケットが取れたら一緒にコンサート行こうね」。3日前に母登志子さん(57)と約束したばかりだった。

 5人家族。14日夜の地震の後、家から布団を出して、庭に止めた車4台に分かれて一夜を過ごした。翌15日も、登志子さんと祖母は、車内で過ごした。

 電気が復旧したこともあり、父敏明さん(61)と兄は2階に、由実さんは1階で眠った。そこへ16日未明の激しい揺れが襲った。

 押し潰された1階。登志子さんは夢中でがれきをかきわけた。由実さんの足を見つけ、そばにあった毛布を引っ張った。「体は温かかった。なのに脈が感じられなかった」

 そこから先の記憶がない。夜が明け、捜索隊が重機を使い、由実さんの遺体を運び出したと聞いた。

 由実さんは、おっとりした性格。2年半ほど前に会社を辞め、家業のスイカ農家を手伝いながら仕事を探していた。

 17日朝、登志子さんは由実さんの遺体と対面した。きれいな顔。まるで眠っているようだった。「起きてよ、起きてよ」。登志子さんは何度もそう呼びかけたという。「なんで地震が。なんで家にいたの。悔しくて、悔しくて」

 嘉島町の上六嘉地区の奥田久幸さん(73)は、自宅の下敷きになって亡くなった。「今日は座敷に寝るけん」。地震で一晩車で過ごした翌15日夜、疲れていたのか妻のアヤ子さん(72)とは別の部屋で早めに就寝した。

 数時間後、地震で自宅が倒壊。アヤ子さんが気付くと、胸の上30センチ近くまで天井板が迫っていた。暗闇の中、手探りで隙間に体を移動し、助けを待った。

 「ちょっと来てー」。近くで久幸さんがいつものように呼ぶ声が聞こえてきた。でもアヤ子さんも挟まれて身動きがとれない。「助けがくるけん」と声をかけた。「ちょっと来てー、来てー」という声は次第に聞こえなくなった。

 3時間後、アヤ子さんは救出されたが、元気な久幸さんと会うことはなかった。「ケンカもあったばってん、なんするにもちょっと来てーって。(地震が)こんなひどいと思わんけん」。アヤ子さんは話した。

 近所の人に慕われていた西原村小森の加藤ひとみさん(79)と、義姉のカメノさん(90)は、潰れた2階建て住宅の1階から変わり果てた姿で見つかった。

 16日未明の地震からまもなく、ひとみさんはがれきから意識不明の状態で助け出された。しかし、電話が通じず、救急車が呼べない。家族ぐるみのつきあい だった加藤博文さん(52)が軽トラの荷台に乗せて熊本市内の病院へ走ったが、命は救えなかった。「遊びに行っても温かく迎えてくれた。優しい人だった」

 カメノさんは重いがれきの下だった。助け出すのに6時間以上かかり、すでに冷たくなっていた。村の小中学校の給食調理員だったカメノさん。茶飲み友達 だった内田ヨウ子さん(80)は15日もお茶を飲み、おしゃべりで盛り上がったばかりだった。「ほんまによか人を亡くした。残念で仕方ない」と目頭を押さ えた。

(朝日新聞デジタル 2016年4月18日)

今回の地震では、4月14日夜の地震が本震と考えられ、もう大きい地震は来ないだろうと思われていたのか、電気が復旧し自宅に帰られた人も多かったようですね。でもまさか、4月16日未明に、今では本震とされる大きな地震がきて、住宅が倒壊して亡くなられた方が多かったようです・・・。

今回のように本震に加えて大きい地震の余震が多いケースは今までになかったケースなので予想はできなかったかと思いますが、非常に悔やまれる死だと思います。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

リンクストッパーT型 震度7まで

薄型テレビ転倒防止ステー(挟み込みタイプ)