【冨田真由さん刺傷事件】岩埼友宏容疑者「結婚したかった」事件後「かわいそう」119番通報も

「冨田さんと結婚したかった」と供述している

以前の記事の続報です
>>【冨田真由さん刺傷事件】岩埼友宏容疑者の異常な愛情とストーカー気質
>>【冨田真由さん刺傷事件】岩埼友宏容疑者、波多野結衣の筆下ろしバスツアーに参加疑惑

「逃げるつもりはなかった。かわいそうだと思った」

【冨田真由さん刺傷事件】岩埼友宏容疑者「結婚したかった」事件後「かわいそう」119番通報も

【冨田真由さん刺傷事件】岩埼友宏容疑者「結婚したかった」事件後「かわいそう」119番通報も

 東京・小金井市で芸能活動をしていた女子大学生が刺された事件で、逮捕されたファンの男が「結婚したかった」などと供述していることが分かりました。

 岩埼友宏容疑者(27)は先月21日、小金井市のライブ会場前で冨田真由さん(20)の首などをナイフで20カ所以上刺した疑いが持たれています。

 その後の捜査関係者への取材で、岩埼容疑者が「冨田さんと結婚したかった」と供述していることが新たに分かりました。

 また、「冨田さんから『ツイッターをフォローしてね』と言われて始めたのに、ブロックされてイラついた」と話しているということです。

 岩埼容疑者が冨田さんのライブに行ったのは4回とみられ、警視庁は、主にネット上のやり取りで一方的に恨みを募らせたとみて調べています。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 6月1日)

また、その反面、かわいそうと思って119番通報しています。

 
 音楽活動をしていた東京都武蔵野市の大学生冨田真由さん(20)がファンに襲われ重体となった事件で、岩埼友宏容疑者(27)=殺人未遂容疑などで送検=が事件直後、「けが人がいます」などと119番通報していたことが、警視庁への取材で分かった。

 岩埼容疑者の容疑は、5月21日午後5時5分ごろ、ライブイベントに出演するため東京都小金井市の会場近くに来た冨田さんをナイフで襲ったというもの。

 捜査関係者によると、事件発生直後の午後5時9分ごろ、容疑者本人の携帯電話からとみられる119番通報があったという。

 岩埼容疑者は通報したことを認め、「逃げるつもりはなかった。(冨田さんが)かわいそうだと思った」などと話しているという。

 事件をめぐっては、発生直後に目撃者が現場近くの消防署に駆け込み、岩埼容疑者よりも先に救助を求めていた。冨田さんは30日午前時点で意識不明のままという。

(朝日新聞デジタル 2016年5月30日)

なんというか、ものすごく感情的で支離滅裂な性格なのが感じられます。犯行までの感情は繊細でいて、犯行自体は計画的なのに短絡的で、犯行後は繊細で感情があるようですし、これは何らかの精神疾患なのでしょうか?とても複雑な心理状況ですね。

防刃Tシャツ〔西陣YOROI〕250gと軽量

防刃ベスト ポリスマンタイプ(前後パネル入)