【川崎・中1殺害】リーダー格少年に懲役9年以上13年以下

裁判員裁判の判決公判が10日、横浜地裁で開かれた

裁判長は懲役9年以上13年以下の不定期刑を言い渡した。

裁判長は懲役9年以上13年以下の不定期刑を言い渡した。

裁判長は懲役9年以上13年以下の不定期刑を言い渡した。

  川崎市川崎区の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年の上村(うえむら)遼太さん=当時(13)=が刺殺された事件で、殺人と傷害の罪に問われたリーダー格 の少年(19)の裁判員裁判の判決公判が10日、横浜地裁で開かれ、近藤宏子裁判長は懲役9年以上13年以下(求刑・同10年以上15年以下)の不定期刑 を言い渡した。

(産経新聞 2月10日)

求刑も軽いと思っていましたが、それよりも軽い刑になるとは思いませんでした。

加害者が未成年だったり、更生の余地があるなどの要素が加味されたのでしょうか。

加害者の人権ばかり言われますが、被害者の家族の心情などは考えてはもらえないのでしょうか。

こんな軽い刑だったら、リーダー格の少年は30歳そこそこでまた、社会に復帰できる計算になります。

被害者や被害者の家族のことを考えたら、とてもいたたまれません・・・。

謹んで、上村君のご冥福をお祈りいたします。

防刃Tシャツ〔西陣YOROI〕250gと軽量

防刃ベスト ポリスマンタイプ(前後パネル入)