【川崎・中1殺害】「反省の言葉は何だったのか」2日初公判

殺人罪に問われたリーダー格の少年(19)=事件当時18歳= の裁判員裁判の初公判が2日、横浜地裁である

少年は事件の8カ月前に通行人を殴って大けがをさせていた

【川崎・中1殺害】「反省の言葉は何だったのか」2日初公判

【川崎・中1殺害】「反省の言葉は何だったのか」2日初公判

 川崎市の多摩川河川敷で昨年2月、中学1年、上村遼太さん(当時13歳)が殺害された事件で殺人罪に問われたリーダー格の少年(19)=事件当時18歳= の裁判員裁判の初公判が2日、横浜地裁である。

 少年は事件の8カ月前に通行人を殴って大けがをさせていたが、被害者の男性(60)は謝罪の手紙を受け取り、示談に応じていた。

 「自分がもっと厳しい態度で臨んでいれば、事件は起きなかったかもしれない」。男性は複雑な思いで裁判を見守る。

 関係者によると、少年は2014年6月19日未明、川崎市川崎区内を走行中の原付きバイクの後部座席に乗り、自転車で帰宅途中だった男性の後頭部を鉄パイプで殴り、12針を縫う大けがをさせたとして検挙された。

 半年後の14年12月、飲食店店長をしている被害者の男性の元に、見ず知らずの少年から手紙が届いた。

「今回、きずつけてしまい申しわけございませ ん」。2枚の便箋に1行おきに8行の文が書かれていた。「あの日自分は、よっていて、(略)やったあとになって、ざいあくかんがありました」「深くはんせ いしています」

 被害者が示談に応じれば、家庭裁判所が社会生活を送りながら更生させる処分を選択することがある。

 男性に届いた手紙には「ちりょうひは払いたいとおもっています」という少年の言葉が記され、示談に関する弁護士の書面が添えられていた。

 男性は「当たりどころが悪ければ死んでいたかもしれません。そうなっていた時のことを想像してみてください」と返事を書き、「これをきっかけに、社会人になって、人に迷惑をかけない人間ではなくて、人のため、社会のためになる人間になって」と伝えた。

 少しでも責任を感じてもらおうと、約1年半の間、少年が自分で毎月1万円を支払う条件を付け、示談に応じることにした。

 15年1月、少年は両親とともに 男性に会って直接謝罪し、二度と同じようなことをしないと約束した。男性を殴った理由は「酔っていてよく覚えていない」と話した。

 男性は手紙に書いた思い を改めて伝えて正式に示談し、高校を卒業するよう助言もした。

 だが、関係者によると、少年は示談の約1週間後に酒を飲んで上村さんの顔などに激しい暴行を加えた。

 そして、同年2月20日に友人の少年2人=いずれも傷害致死罪で起訴=と酒を飲んだ後、上村さんを呼び出して河川敷で殺害したとして逮捕、起訴された。

 少年は2日の初公判で起訴内容を認めるとみられ、4日まで3日間の審理が予定されている。

 「あの時の反省の言葉は何だったのか」。男性は今も自問する。「どこにでもいるやんちゃな少年という印象だった。酒で暴力的な人格に変わってしまうのだろうが、何か鬱憤を抱えていたようにも思う」。裁判で少年の内面や置かれていた境遇が明らかになることを期待している。

(毎日新聞 2月1日【大場弘行】)

この事件は、殺害の経緯などがニュースで流れるたび、また被害者の少年の顔写真がニュースで流れるたび、とても可哀想でやりきれない思いになったことを覚えています。

加害者が18歳だから守られるべきとか、まだ若いから更生の余地ありとか、そういうことで加害者の人権が守られるべきとは到底思えない事件でしたので、ネットでいろいろ晒されているのを見ても、当然のことなのではないかと思える事件でした。

世の中には、反省しない人間、更生しない人間、そういう性質の人間がいるのだと思います。このリーダー格の少年がそうだと思います。

大阪寝屋川で少年少女2人を殺した犯人も同じだと思います。あの事件の加害者も、男児への暴行で逮捕され、長い間少年院で反省&更生させられていたのに、出所後すぐに、殺人まで犯してしまいました。

このリーダー格の少年も、男性の後頭部を鉄パイプで殴るという、殺人未遂でもいいような事件を起こして反省文や謝罪をしているのにも関わらす、たった1週間後に被害者少年を暴行しています。

リーダー格の18歳少年は、守られるべきだったのでしょうか? とてもそうは思えません。公判での厳罰を期待しています。

謹んで、上村君のご冥福をお祈りいたします。

防刃Tシャツ〔西陣YOROI〕250gと軽量

防刃ベスト ポリスマンタイプ(前後パネル入)