自宅で殺害された佐藤勇雄さん、出頭した義理の息子の村上泰雄容疑者と遺産トラブルか(札幌市中央区)

遺産相続を巡る民事裁判があり、最近判決が確定

「妻に息子がおり、捜してほしい」と札幌中央署に相談した

佐藤勇雄さん(北海道新聞 2016年7月5日)より出典

佐藤勇雄さん(北海道新聞 2016年7月5日)より出典

 札幌市中央区の佐藤勇雄さん(73)が自宅マンションで殺害された事件で、佐藤さんと、殺人容疑で逮捕された義理の息子の村上泰雄容疑者(66)の間で、遺産相続を巡る民事裁判があり、最近になって判決が確定していたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 札幌中央署は2人の間に遺産の配分を巡るトラブルがあったとみて調べている。

 同署などによると、佐藤さんは村上容疑者の母親と結婚したが、2012年9月に死別。

 同容疑者とほとんど面識が無かったため、同10月に「妻に息子がおり、捜してほしい」と札幌中央署に相談したが見つからなかった。

 知人男性によると、佐藤さんはその後、妻の遺産相続について話し合うため、弁護士に依頼して道外にいた同容疑者を捜し出したが、折り合いが付かなかった。

 札幌地裁によると、14年に佐藤さんが提訴し、最近になって判決が確定したという。

(北海道新聞 2016年7月5日)

遺産相続を巡る民事裁判があり、最近になって判決が確定していたということや、佐藤さんは村上容疑者の母親と結婚したが、2012年9月に死別した当時「妻に息子がおり、捜してほしい」と札幌中央署に相談したくらいの疎遠な関係などで、遺産の配分を巡るトラブルはどのようなものだったのでしょうか?裁判で明らかになるかもしれませんが、今後の捜査による事件の解明が待たれます。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ