自宅に放火して妻と長女殺害を問われた山野輝之被告の無罪判決が高裁で取り消し(埼玉県志木市)

33歳の妻と4歳の長女が遺体で見つかる

「被告が放火したことを相当程度疑うことができる」

自宅に放火して妻と長女殺害を問われた山野輝之被告の無罪判決が高裁で取り消し(埼玉県志木市)

自宅に放火して妻と長女殺害を問われた山野輝之被告の無罪判決が高裁で取り消し(埼玉県志木市)

 8年前、埼玉県志木市で自宅に放火して妻と長女を殺害したとして42歳の当時の夫が放火や殺人の罪に問われた裁判で、東京高等裁判所は「被告が放火したことを相当程度疑うことができる」として1審の無罪判決を取り消し、裁判員裁判をやり直すよう命じました。

 8年前、埼玉県志木市の住宅が全焼して33歳の妻と4歳の長女が遺体で見つかり、当時の夫の山野輝之被告(42)が放火や殺人などの罪に問われました。

 1審の裁判員裁判では火の出た時間が被告が外出した後だったかどうかが争われ、さいたま地方裁判所は模擬の家屋を使った燃焼実験や近くの防犯カメラの映像をもとに「外出後に別人が放火した可能性を否定できない」として無罪を言い渡し、検察が控訴していました。

 14日の2審の判決で東京高等裁判所の植村稔裁判長は「燃焼実験は家屋の材質などが同じとはいえず、再現性が認められない。風の強さも1審の認定とは違っていたと考えられる」と指摘しました。

 その上で「防犯カメラの映像から被告は火の出た時間と近い時間に自宅を離れていて、放火したことを相当程度疑うことができる」として1審の無罪判決を取り消し、火事の状況についてさらに調べるため裁判員裁判をやり直すよう命じました。

(NHK NEWS WEB 2016年7月14日)

2015年3月23日、裁判員裁判で無罪判決

 埼玉県志木市で2008年、自宅に放火して妻子を殺害したとして、現住建造物等放火と殺人などの罪に問われた元夫の無職山野輝之被告(40)=同市柏町=の裁判員裁判の判決が23日、さいたま地裁であった。

 河本雅也裁判長は「被告人を犯人と断定することはできない」などとして無罪(求刑無期懲役)を言い渡した。

山野被告は同年12月、当時住んでいた志木市の木造2階建ての自宅に火をつけて全焼させ、 2階で就寝中だった当時の妻(当時33)と次女(当時4)を焼死させたとして逮捕、起訴された。

 山野被告は捜査段階から一貫して関与を否定。弁護側は、火災は漏電や元妻による放火の可能性もあるなどと主張していた。

朝日新聞デジタル 2015年3月23日

2008年の火災で荒木奈穂子さんと次女真弥ちゃんが焼死

 埼玉県志木市で2008年12月、住宅が焼け、当時33歳の女性と4歳の次女の遺体が焼け跡から見つかった火災で、県警は9日、女性の当時の夫で同市柏町、会社員山野輝之容疑者(39)が放火し2人を殺害したとして、殺人、現住建造物等放火などの容疑で逮捕した。

 発表によると、山野容疑者は08年12月3日午前5時過ぎ、同市中宗岡にあった自宅に放火して木造3階住宅約100平方メートルを全焼させ、3階で寝ていた、当時の妻の荒木奈穂子さんと次女真弥(まこみ)ちゃんを焼死させた疑い。長男は逃げて無事で、長女は別居していた。

 調べに対し、山野容疑者は「やっていません」と容疑を否認しているという。逮捕前の任意の事情聴取には、「(出火時は)出かけていた」と説明。県警によると、山野容疑者は当時、荒木さんとの間で離婚の話が
出ていたという。

読売新聞 2013年8月9日

2008年12月の火災の際はこのような報道でした。

 3日午前5時半ごろ、埼玉県志木市中宗岡3、会社員、荒木輝之さん(34)方から出火、木造3階建て住宅延べ約190平方メートルを全焼し、南北隣の住宅 の外壁も焼いた。

 荒木さん方3階の部屋から成人と子供の焼死体が見つかった。県警朝霞署は、荒木さんの妻奈穂子さん(33)と次女真弥ちゃん(4)とみて確認を急いでいる。

 調べでは、荒木さん方は4人暮らし。出火当時、荒木さんは仕事で外出中で、中1の長男魁人(かいと)君(12)は2階にいたが逃げて無事だった。2階と3階の燃え方が激しく、原因を調べている。

(毎日新聞 2008年12月3日【和田憲二、岸本悠】)

ネットには長男らしき人の書き込みがありました。(※未確定です)

僕はこの記事に書いてある長男の魁人です
ホントにこの事件は僕にとってすごく心に深い深い傷を残しました。
この転職さくらさんの記事を一人でも多くの人が見てくれたらうれしいです
僕は今山形県の酒田市と言うところで曾おばあちゃん、おばあちゃん、おじいちゃん、僕の4人で元気に高校生として過ごしています
最後に転職さくらさん。
ホントはこんな記事見たくはありませんでしたが、この記事を見てひとりでも火事の恐ろしさをわかってくれる人が増えるのを僕は祈っています。
そしてありがとうございます
もしよかったらメールアドレスを書いておくのでメールをくださいもう少し詳しいことを話します
brotherkaito@softbank.ne.jp

(http://blog.livedoor.jp/yunyuumo/archives/51410361.htmlより出典)

もしこれが本人のコメントだとしたら、とても可哀想ですね・・・。元気で暮らしているといいのですが。

火災後の山野輝之被告は、不倫相手と再婚していた

ネットの情報では、不倫相手がいて、火災後再婚したと言われています。離婚話が出ていたのはそういったわけのようですね。

以下は、実際に裁判を傍聴した方のブログから転載しています。これらが事実としたら、不倫相手と再婚したことで、姓も変えているようですし、元の家族に愛情があったのか疑問すら感じてしまいます。

被害者(荒木奈穂子さんと次女真弥ちゃん)の通夜に不倫相手を伴っています、火災後程無くして不倫相手に入籍を申し出て、不倫相手に時期早尚として断られています。(不倫相手の方が常識的人物だった様です)不倫相手は被告人の娘と懇意にしていましたが、将来的に愛情を保ち続けられないと言っていました。

焼け残った家屋の屋根の上に空のポリタンクが発見されています。被告人山野は前年の冬に使ったものが放置されていた旨答えますが、1年間も強風で飛ばされずに、空のポリタンクが屋根の上に残っているでしょうか。出火場所(自宅屋内)で灯油を散布した後に投棄したと考えるのが自然と感じます。

(http://blog.goo.ne.jp/he4n/e/4fd5a8b6a920102ca2155f39f0169b34より出典)

被告人の妻が解離性人格傷害に起因する精神状態、若しくは睡眠薬等の服薬の影響による放火を否定出来ないとの判断もあり、無罪判決になったこともあるようですが、被害者(荒木奈穂子さんと次女真弥ちゃん)の火災時の様子も書かれていましたので転載します。これらが事実なら、妻が放火したとは非常に考えにくいです。そしてとても可哀想です・・・。

妻と娘の遺体がベッド上になかったことも不自然です。
何らかの理由で火災に気づいて移動したとも、自ら火を放ったからとも解釈できます。娘の遺体もベッド上になく母親と寄り添い発見されていることからとから、二人で火災から逃げまどい力尽きたと感じるのですが。どの様にしてその状態に至ったのかは結局永遠に謎のままです。

(http://he4n.blog.fc2.com/blog-entry-356.htmlより出典)

今回、1審の無罪判決を取り消し、裁判員裁判をやり直すよう命じられたことにより、今後どういった裁判になるのか非常に気になります。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ