シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者、わいせつ目的で頭を棒で殴り乱暴したなど鬼畜の所業

首を絞め、刃物で刺して殺害した

以前の記事の続報です
>>シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者、島袋里奈さん死体遺棄容疑で逮捕

背後から女性の頭を棒で殴り、草むらに連れ込んで乱暴した

Kenneth (gadson) shinzato Linkedinより出典

Kenneth (gadson) shinzato Linkedinより出典

 沖縄県うるま市の女性会社員(20)が遺体で見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された元米海兵隊員で軍属のシンザト・ケネス・フランクリン容 疑者(32)が「背後から女性の頭を棒で殴り、草むらに連れ込んで乱暴した」と供述していることが22日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、容疑者は死体遺棄容疑を認めた上で「首を絞め、刃物で刺して殺害した」と説明しており、沖縄県警は殺人容疑での立件に向け、捜査している。

 シンザト容疑者は「わいせつ目的で女性を狙い、乱暴した」「車で2~3時間走り、相手を探した」とも供述。県警は女性の自宅近くで襲い、殺害した上、遺体をスーツケースに入れて車で運び、恩納村の雑木林に遺棄したとみて、詳しい経緯を調べている。

 捜査関係者によると、使用車両からは血痕や女性のDNA型が検出された。シンザト容疑者は県警の調べに当初は「事件後、凶器やスーツケースは捨てた」とも供述したが、その後、黙秘しているという。

 県警は事件に使ったとみられる凶器などの捜索を続けている。

 女性は4月28日午後8時すぎ、交際相手の男性に「ウオーキングしてくる」とスマートフォンでメッセージを送った後、行方不明になった。5月19日、シンザト容疑者の供述通り、恩納村の雑木林で遺体が見つかった。

(産経ニュース 2016年5月22日)

車で2~3時間走り、相手を探したとか、背後から女性の頭を棒で殴り、草むらに連れ込んで乱暴した、首を絞め、刃物で刺して殺害したなどと容疑者は言っているようですが、ひどすぎて言葉にならないです。被害者の女性や家族、恋人が聞いたらとても耐えられない行為だと思います。

もし日本で処罰が与えられるなら、極刑にしてほしいと思います。

シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者とは?

本名は、Kenneth Franklin Gadson で、妻の姓であるShinzatoを日本名として名乗っているとのことです。

ワシントン・ポストによると、Gadson容疑者の母親でニューヨーク在住の Shirley Gadson(63)が、息子は2007年から2014年まで米軍のマリーンに属していたとのことでした。そして2年間連絡なかったことも言っていました。

また、アメリカ国防総省(ペンタゴン)でも働いていて、郵便第三大隊で店員、第12海兵隊郵便室戦闘射撃コーチなどをつとめていたようです。

防刃Tシャツ〔西陣YOROI〕250gと軽量

防刃ベスト ポリスマンタイプ(前後パネル入)