他人のフェイスブック140人分をのぞき見した古賀亮介被告、懲役2年執行猶予3年の有罪判決

FBへの不正アクセス容疑で警視庁に全国で初めて逮捕

約1200回にわたって非公開のページに不正にアクセス

他人のフェイスブック140人分をのぞき見した古賀亮介被告、懲役2年執行猶予3年の有罪判決

他人のフェイスブック140人分をのぞき見した古賀亮介被告、懲役2年執行猶予3年の有罪判決

 

 他人のフェイスブック(FB)の非公開ページなどをのぞき見したとして、不正アクセス禁止法違反の罪に問われた古賀亮介被告(26)に対し、東京地裁は 20日、懲役2年執行猶予3年(求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡した。

 家令和典裁判官は「性的欲求を満たすため、起訴されているだけで百数十人分のペー ジに不正アクセスしており、犯行は悪質だが、反省している」と述べた。

 判決によると、古賀被告は2014年12月から昨年3月にかけて、約140人分のIDとパスワードを使い、約1200回にわたって非公開のページに不正にアクセスした。

 古賀被告は昨年11月、FBへの不正アクセス容疑で警視庁に全国で初めて逮捕された。

(朝日新聞デジタル 2016年6月20日)

古賀亮介被告のフェイスブック不正アクセス容疑とは?

 不正に入手したIDとパスワードを使って他人のフェイスブック (FB)に侵入したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は10日、東京都板橋区赤塚4、携帯電話販売会社「光通信」社員、古賀亮介容疑者(25)を不正アク セス禁止法違反容疑で逮捕した。

 同課によると、古賀容疑者のパソコンからはFBのほか、画像や文書などのデータをインターネット上に保存できる「クラウド サービス」の利用者も含め約750人のIDとパスワードが見つかっているという。

  同課によると、約750人のIDやパスワードのうち123人分については既に身元が確認できているが、122人が女性だった。

 同課は、古賀容疑者が面識のない女性たちのIDなどを何らかの手段で不正入手し、私生活を「のぞき見」したり、私的な画像を勝手にダウンロードしたりしていたとみている。FBへの不正アクセスを立件するのは全国初。

 逮捕容疑は1〜3月、不正に入手した都内の20代の女性のIDとパスワードを使ってFBにログインしたとしている。容疑を認め「被害者のプライベートな写真を見て性的欲求を満たしていた」と供述しているという。

 古賀容疑者のパソコンから、FBや米アップル社のクラウドサービス「iCloud(アイクラウド)」にあったとみられる女性の私的な画像が複数見つかっており、FBなどに不正にアクセスして入手し、保存していたとみられる。

 昨年7月、ネットの掲示板にわいせつ画像が公開されているのを捜査員がサイバーパトロールで発見。

 古賀容疑者が投稿した疑いがあるとして、わいせつ図画公然陳列容疑で自宅を家宅捜索した際、パソコンのファイルから大量のIDとパスワードが見つかったため捜査していた。

 保存されていたIDとパスワードは、FBが563人分、アイクラウドが約208人分。このうち、15人分についてはFBとアイクラウドでID・パスワードが重複しており、同じ人物が両方で使い回していたとみられる。

(毎日新聞 2015年11月10日【斎川瞳】)

フェイスブックのID・パスワードで不正にアクセスしてのぞき見するのもひどいのですが、被害者の女性などがフェイスブックと同じID・パスワードでアイクラウドにしていたせいで、保存していた画像などを見られたりダウンロードされ、ネットの掲示板にわいせつ画像として公開されていたことが逮捕のきっかけのようですね。

ID・パスワードの使いまわしはやめたほうがいいと思うのですが、同じにしている人が多いせいか、こういった不正アクセスはなくならないように思えます。面倒でもID・パスワードは全て違うものにしたほうがいいのではないでしょうか。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ

このページに関連するページ

記事はありませんでした。