リシン焼酎混入による夫毒殺未遂事件、元自衛官:鹿毛容疑者逮捕(栃木県宇都宮市)

猛毒の「リシン」を焼酎に混入し、夫殺害未遂

「致死量ギリギリで入れて体調を悪くさせたかった」

宇都宮市元自衛官夫毒殺未遂事件

宇都宮市元自衛官夫毒殺未遂事件

 10月29日、夫が不在の間に鹿毛容疑者が合鍵で夫宅に侵入したことを確認し、夫の立ち会いのもと家の中を確認したところ、焼酎が白濁していることに気づき、鑑定の結果猛毒リシンが検出された。種子8粒程度のリシンで、致死量になるようです。

 栃木県宇都宮市で焼酎に毒物を入れて別居中だった陸上自衛官の夫を殺害しようとしたとして、33歳の妻が逮捕されました。

 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、宇都宮市に住む無職・鹿毛陽子容疑者(33)で、10月29日、別居中だった陸上自衛官の夫(34)の自宅で、「トウゴマ」から抽出した猛毒の「リシン」を台所にあった焼酎の紙パックに混入し、夫を殺害しようとした疑いが持たれています。

 今年9月、「偽名で毒物を購入しようとした人がいる」と医薬品販売会社から通報があり、警察が調べたところ、以前から夫婦間のトラブルで警察に相談していた鹿毛容疑者が浮上。

10月29日、鹿毛容疑者が夫の留守中に部屋に侵入したのを警戒中の警察官が確認し、室内にあった焼酎を鑑定したところ、猛毒の「リシン」が検出されたということです。

 また、夫は今年8月、自宅で焼酎を飲んだ後に体調を崩していたということです。

 「挨拶して、こんにちはって言ったんですけど、目があった瞬間に、見つかっちゃった、どきっとしたような感じで、急いで家の中に入っていった。8月は間違いない」

 取り調べに対し、鹿毛容疑者は黙秘しているということです。

(11月30日 TBS News i)

 今年10月、別居中だった陸上自衛官の夫(34)の自宅で「トウゴマ」から抽出した猛毒の「リシン」を焼酎の紙パックに混入し、夫を殺害しようとした疑いが持たれています。

 事件の発端は今年9月。栃木県内の医薬品販売会社から「偽名で毒物(殺鼠剤)を購入を購入しようとした人がいる」と警察に通報がありました。このとき、駆除薬に含まれる成分が人体にどのような影響があるか問い合わせていた。

 鹿毛容疑者の夫は今年8月、自宅にあった焼酎を飲んで体調を崩していたことが既に分かっていますが、夫の自宅にあった焼酎を鑑定した結果、「キョウチクトウ」に含まれる毒の成分が検出されていたことが、警察への取材で新たに分かりました。

 「キョウチクトウ」とは、どんな植物なのでしょうか。青々とした葉っぱが生い茂る木。「キョウチクトウ」は幹線道路沿いなどに植えられるこ
とが多く、夏にはピンク色や白色のきれいな花が咲くといいます。

 「どこをとっても毒はある。根っこといわず、葉っぱといわず、茎といわず」(筑波実験植物園 岩科 司 園長)

 青酸カリより毒性の強い成分が含まれているということです。

 2人の間に一体、何があったのでしょうか。今年の3月から別居していたという夫婦。鹿毛容疑者はこの頃、夫との不仲をうかがわせるやりとりを知人としていました。

 「一週間、家庭内はめちゃくちゃになりました。家庭や自分を立て直すだけで精いっぱいです」(鹿毛容疑者のLINE)

 鹿毛容疑者は今年10月に「トウゴマ」から抽出した「リシン」を混入したことを認めているということです。

 「トウゴマはインターネットで買った。致死量ぎりぎりで自分で作った」(鹿毛容疑者)

 鹿毛容疑者は「殺すつもりはなく、嫌がらせのつもりだった」と容疑を否認していますが、警察は鹿毛容疑者の自宅から「トウゴマ」とみられる植物などを押収していて、さらに詳しい経緯を調べています。

(12月02日 TBS News i)

宇都宮市元自衛官夫毒殺未遂事件

 宇都宮市で別居中の夫の家にあった焼酎に毒物を入れて殺害しようとしたとして33歳の妻が殺人未遂の疑いで逮捕された事件で、1か月前にも夫の家の焼酎から植物のキョウチクトウに含まれる毒の成分が検出されていたことが警察への取材で分かりました。

 ことし10月、別居していた34歳の夫の宇都宮市の自宅で、台所にあった焼酎に植物の「トウゴマ」から抽出された猛毒の「リシン」を入れて夫を殺害しようとしたとして、元自衛官の鹿毛陽子容疑者(33)が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 調べに対して「殺すつもりはなく、嫌がらせのつもりだった」「致死量ギリギリで入れて体調を悪くさせたかった」と殺意について否認しているということです。

 夫はことし8月、焼酎を飲んだあとに体調を崩していて、9月中旬に警察が通報を受けて夫の家の焼酎を調べたところ、植物のキョウチクトウに含まれる毒の成分が検出されたことが警察への取材で分かりました。

 キョウチクトウの葉や茎などには強い毒性があるということです。
警察はこの1か月後に鹿毛容疑者が夫の自宅に入って行くのを確認し、焼酎からリシンが検出されたことから逮捕したということです。

 鹿毛容疑者と夫の間には以前からトラブルがあったということで、警察は動機などを調べています。

(NHK NEWS WEB 12月02日)

ブレイキングバッドという海外ドラマで同じような毒を使用するシーンがありますが、この事件とダブりますね・・・。

それにしてもいったいどこからこういった毒の知識を身に着けたのでしょうか。もし勉強するなら、もっと違う勉強したほうがいいのではないでしょうか?

この記事の続報あります。
>>リシン焼酎混入による、夫毒殺未遂事件、鹿毛陽子容疑者、カードショップ倒産で多額の借金が

シェアハウス わたしたちが他人と住む理由

プライバシー ベッドテント