【母子殺害・遺棄】吉富和彦容疑者、認知と結婚を迫られて…(佐賀県伊万里市)

2004年当時、別の女性と結婚していました。

「和音ちゃんの認知を巡り、結婚を迫られて2人を殺害した」

【母子殺害・遺棄】吉富和彦容疑者(47)認知と結婚を迫られて...(佐賀県伊万里市)

【母子殺害・遺棄】吉富和彦容疑者(47)認知と結婚を迫られて…(佐賀県伊万里市)

 佐賀県伊万里市で1月、女性と乳児の白骨化した遺体が見つかった事件で、福岡県内で女性を殺害したとして逮捕・起訴された男が乳児を殺害した疑いで12日に再逮捕されました。

 警察によりますと、吉富和彦容疑者(47)は2004年12月ごろ、当時、交際していた志賀勝美さん(当時28)との間に生まれた生後数カ月の和音ちゃ んの首をひものようなもので絞めて殺害した疑いが持たれています。

 警察の調べに対し、吉富容疑者は「和音ちゃんの認知を巡り、結婚を迫られて2人を殺害し た」などと容疑を認めているということです。

 吉富容疑者は2人を殺害したとされる2004年当時、別の女性と結婚していました。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 5月12日)

吉富容疑者は、志賀勝美さん母子殺害当時に、別の女性と結婚していたとのことですが、不倫の結果、結婚と認知を迫られて殺したというとだとしたら、ひどすぎますね・・・。

「生存者」と呼ばれる子どもたち 児童虐待を生き抜いて

誕生日を知らない女の子 虐待ーーその後の子どもたち