女子大学院生を殺害したとして逮捕された福井大学の准教授、前園泰徳容疑者が、以前にも別の女子大生との交際のウワサがあったことが分かった。

 赤とんぼなど希少生物の生態研究などで知られた同容疑者だが、2010年ごろ、非常勤講師として勤務していた東邦大学(千葉県)では「ある女子学生をやたら研究に同行させたがっていて、みんな『2人は付き合っている』とウワサしていた」という話が聞かれる。

 当時、前園容疑者は奄美大島に拠点を置き、家族のいる千葉と往復していたというが、元学生によると「女子学生に『旅費を出すから、一緒に奄美に研究に行こう』と誘っていた」という。

「その後、教授のブログの写真に、その女子学生らしき子が映っていて、本当に行ったんだと思った」と元学生。

 前園容疑者は今回の事件の被害者についても、彼女をモデルに自らカメラマンとなってメディア向けの写真撮影をしていたこともあったが、学生との個人的な関係は今回が初めてではなかったことになる。

 以前、ウワサになった女子学生は、地方から出てきて大学に近い習志野市に一人暮らししていたというが「そのうちに友人たちがアパートを訪ねても不在のことが多く、かなり頻繁に奄美に出入りしている様子だった」という。

「それで学内で交際のウワサが広まり、女子学生が大学側に呼び出され、内々に事情を聞かれていました。その直後、先生のやっていた奄美のブログが閉鎖されて、まるで証拠を隠すためのようだった」(元学生)

 結局、その騒動がきっかけで前園容疑者は女子学生と距離を置いたようだが、新たに親密になったのが事件の被害者だった。

 こちらも周囲からは、ペアルックのシャツを着るなど恋人同然だったとする証言が聞かれている。

 しかし、何があったのか前園容疑者は3月12日の朝、妻に電話し「女性が事故を起こし病院に搬送している」と110番通報させ、自ら女子学生の遺体を市内の病院に運んだ。

 警察の取り調べに、当初は「女性が事故を起こしたというので、自宅から徒歩で助けに行った」と話した前園容疑者だったが、当日は雪が積もっていたのにサンダルをはいて出かけており、不自然だったことから、車中で女子学生の首を絞めて殺害した殺人の疑いがかかり、14日に逮捕。前園容疑者はその後、供述を一転させ、「被害者から『殺してほしい』と言われた」などと話している。

 前出の元学生によると、前園容疑者の印象は「第一印象はさわやかな人でしたが、慣れると強引なところがあって、自分のペースを押し付けるようなところがあった。プライドが高くて、反論する人がいると顔色を変えて声を荒らげるようなことがあった」という。

 警察の調べでは、被害者女性の体に抵抗したり争ったような痕はなかったというが、教授と教え子の関係が恋人に発展した結果、なぜ容疑者と被害者になってしまったのか。

 全容が分かるのはこれからだが、教え子を異性として見てしまい、私的な感情を持った中での事件だったことは間違いなさそうだ。

文=ジャーナリスト・片岡亮)