山口県周南市で男女5人殺害、民家2棟が放火された事件、保見光成被告の控訴棄却「死刑」支持

「死刑」とした1審の判断を支持し、控訴を棄却

被告は身動きせず、前を向いて聞き入っていた。

山口県周南市で男女5人殺害、民家2棟が放火された事件、保見光成被告の控訴棄却「死刑」支持

山口県周南市で男女5人殺害、民家2棟が放火された事件、保見光成被告の控訴棄却「死刑」支持

 山口県周南市で5人が殺害され、民家が放火された事件で、1審で「死刑」判決を受けた男に対する控訴審の判決公判が広島高裁で開かれた。

 広島高裁は1審の死刑判決を支持し、被告の控訴を棄却した。

 この事件は2013年7月、山口県周南市の山あいの集落で男女5人が殺害され、民家2棟が放火されたもので、保見光成被告(66)が殺人と放火の罪に問われている。

 1審で保見被告は無罪を主張、弁護側も精神疾患により被告に責任能力はなかったと主張するが、山口地裁は求刑通り「死刑」を言い渡し、被告が控訴していた。

 控訴審の初公判で被告側は改めて無罪を主張し、新たな証拠申請をしたが、裁判所はこれを認めず初公判で結審していた。

 13日午後2時から開かれた判決公判で、広島高裁は保見被告を「死刑」とした1審の判断を支持し、控訴を棄却した。裁判長が「控訴棄却」の主文を読み上げたとき、被告は身動きせず、前を向いて聞き入っていた。

(日本テレビ系(NNN)2016年 9月13日

保見光成被告への村民からのいじめとは?

この事件、テレビの報道などでは、保見光成被告への今回の事件の被害者の仕打ちがいじめだったのでは?とも言われています。

保見光成被告は、両親の介護の為、今回の事件のあった山口県周南市の山あいの集落に戻ってきます。そして両親の介護などをして、両親が亡くなってから村民とのトラブルが起こるようになります。

テレビの報道などで、村民や関係者が語っていたのは以下の通りです。


地域で一番若いという理由から、機械や燃料の費用などをすべて1人で負担させられた上に、(事件の被害者が)その機械を草と一緒に燃やしていた。

飼っていた犬(ラブラドール2匹)に対し「臭い」と(事件の被害者から)苦情がありトラブルになっていた。

村おこしを提案したが(事件の被害者から)大反対される。

(事件の被害者から)退職金を配るよう言われていた。

胸を刺され刑事事件とり、刺した加害者は(今回の事件の被害者で)傷害容疑で逮捕されて罰金刑を受けていた。

(事件の被害者から)家の近くで農薬を撒かれる。

(事件の被害者から)嫌がらせがエスカレートしたことにより、保見光成被告は警察に相談し監視カメラを設置する。

他にも、今回の事件の被害者の親族のインタビューで、「事件は事件ですが、いろいろぶっちゃけてほしいです」との報道もありました。

保見光成被告が飼っていた犬、オリーブはどうなったのか?

 山口県周南市金峰(みたけ)の連続殺人・放火事件で、1人に対する殺人と放火の疑いで逮捕された無職保見光成(ほみこうせい)容疑者(63)が自宅で飼っていた犬が、26日午前9時6分に死んだ。

 保見容疑者が山中で身柄を確保された時間の1分後だった。

 犬はゴールデンレトリバーのオス。推定年齢7~8歳で、保見容疑者はオリーブという名をつけていた。

 子犬だった7~8年前、捨てられていたのを周南市内の女性が保護。里親募集の張り紙を見て保見容疑者が引き取った。

 25日、警察、周南市を通じて市内の動物愛護団体が保護。

 
 25日午後には元気だった。

 翌26日朝に調子が悪い様子を見せたため、 動物病院に連れて行ったが死んだ。心臓発作だったという。

(朝日新聞デジタル 2013年7月29日)

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

防犯カメラ ★10秒前から録画

スマートフォン対応 高画質防犯カメラ